ご支援のお願い

 学校法人鶴学園は創立以来、建学の精神「教育は愛なり」及び教育方針「常に神と共に歩み社会に奉仕する」という2つの教育理念のもと、鶴学園のオリジナルな教育づくりに努めてまいりました。

 そして今日、なぎさ公園小学校、広島なぎさ中学校、広島なぎさ高等学校、広島工業大学高等学校、広島工業大学専門学校及び広島工業大学までを設置する総合学園に発展しております。

 これもひとえに本学園の教育に対してご理解とご協力をいただいております保護者の皆様、社会でご活躍されている卒業生の皆様、さらには地域の皆様方のお陰であると深く感謝を申し上げます。

 本学園は平成28年度、学園創立60周年を迎え、新たに「グローバル化時代をたくましく生抜く人材を育成する総合学園としての存在感を高める」「少子化時代において揺るぎない経営基盤を築き、地域の"ナンバーワン私学"を目指す」との将来目標を掲げ、3つの使命、すなわち「人材育成の促進」「『知と学びの拠点』機能の拡充」「社会貢献の推進」を果たすべく、教職員が一丸となって教育・運営にまい進しているところでございます。

 しかしながら、少子化の進展による就学人口の減少等で私立学校の経営状況は一段と厳しくなっており、入学定員の確保は喫緊の課題となっています。魅力のある学園づくりのため、広島工業大学をはじめ各学校で一層の教育改革に取組み、教育環境の整備を進める必要があります。

 本学園ではこれまで経費節減の努力や事業の効率化等に取組んでまいりましたが、今後も社会の変化や要請に迅速に対応した教育・研究を推進し、グローバルな視点を持ちつつ社会や地域の持続可能な発展に貢献できる人材を育成していく教育機関としての責務を果たしていくためには、さらに安定した財政基盤を確立しなければなりません。

 保護者の皆様、卒業生の皆様、各界でご活躍の方々におかれましては、本学園の教育理念の実現に向けた教育活動にご理解をいただきまして、寄付金募集に何卒温かいご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

学校法人 鶴学園
理事長 鶴 衛


鶴学園応援プロジェクト寄付金




個人情報保護について | リンク・著作権・免責事項